痔の薬

便秘と下痢が大敵

「色気と痔の気のない人はいない」とよくいわれているが、日本人は「1億総痔主」とまでいわれているくらいである。これは日本人の食事の内容とトイレの構造に関係しているといわれている。

腰から下が冷える状態、腰を圧迫するような姿勢やトイレ(和式)で長い間しゃがんだ状態を続けると痔になるのは、しばしば経験されていることと思う。

肛門付近は解剖学的に静脈が網の目のように入り組んでいるために血液が心臓のほうに還りにくく、すぐにうっ血することになる。

そのために便秘したり、下痢が続くと血管が傷害されて出血したり、炎症を起こして痔になるのである。痔には、痔核(内、外)、切れ痔、脱肛、痔ろうなどと種類があり、その症状も異なるが、このうちで痔核はもっとも多い。

痔の治療は、内科的(服薬)・外科的治療(手術) と一般療法に分けられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください