不眠症

不眠症の原因とタイプ

不眠は、いろいろの原因で起こる。暑さ、寒さなどの不適当な部屋の温度や、不快な湿度、換気不充分、騒音、悪臭、光、寝具の変化、さらにはノミ、カ、ハエなど睡眠の敵である。

また、病気による身体的症状、嗜好品や脳の興奮性を高める薬、精神的ショック、感情的ストレスなどでも不眠をきたす。病気による身体的症状にはその治療が先決だが、そうでない、いわゆる常習的な不眠症は睡眠剤がよく効く。

睡眠障害には以下のようなタイプがある。

  1. 寝つきの悪い就眠障害型。
  2. 眠りが全般的に浅く、うつらうつらする熟眠障害型。
  3. 就眠はそれほど悪くないのだが、睡眠時間が短く、夜半から早朝に目が覚めてしまう早朝覚醒型。
  4. 夜を通じて、不眠状態が続いてしまう終夜不眠型。
  5. 昼間は眠っていて、夜になると目がさえて眠れない昼夜逆転型。

などである。通常、これらの睡眠障害に対して、睡眠剤や精神神経安定剤を応用する。

睡眠剤は何がよいか

どうしても眠れないときの睡眠改善薬(睡眠鎮静薬)

現在は、抗ヒスタミン薬、ハーブ、漢方薬の3種類が主流となっています。

睡眠剤は毎日服用していると習慣性がつきやすく、飲まないではいられなくなってくる。その上、服用量も増していく傾向があるため、注意を要する。いたずらな連用は絶対にいけない。

もしどうしても続けて服用する場合には、成分の違うものにかえると比較的に習慣性が生じないですむ。どんな場合にも、睡眠剤の服用は必ず医師や薬剤師の指導に従ってほしい。

副作用のないものも最近は登場しています。
快眠ぐっすり酵素「セロトアルファ」で睡眠薬が不要に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください