わきが

入浴後にわきの下を毎日消毒するとよい

わきがは体質的な遺伝であり、日本人には比較的少ないので嫌われるが、外国と交流が盛んになった現代ではそれほど気にする人は少なくなった。

思春期になるとわきの下のアポクリン腺という汗腺から油っぼい汗が出て、これに皮膚常在菌が付着すると、その破片が分解を受けて特有の臭いを出すようになる。この臭気を止めるには、制汗と殺菌作用のあるものがよい。市販品ではエイトフォー(花王)のスプレー剤が多く用いられている。

わきがにほ根本的な療法としては手術以外にないが、日常少しでも臭気を抑えるには、なるべくわき毛は剃毛しておき、石けんでわきの下をよく洗い、バンなどを使用してスプレーで噴霧してサリチル酸ミミョウバン散あるいはシッカロールのパウダーを散布してわきの下を汗から守るように心がける。

そして下着類は毎日清潔なものと交換する。1つの方法として、入浴してからクロルヘキジン液で毎日消毒してもかなり効果がある。
また塩化アルミニウム液は刺激のない、制汗、制臭作用が強いわきがの薬である。汗の発散の激しい夏期は特に注意することである

やけど

1秒も早く患部を冷やす

やけどはアイロンなどで瞬間的に小さな局面をつくるもの、また皮膚表面が赤くなってようやく水疱ができ、1週間くらいで治るものから、湯たんぽでやけどをして半年も治らないようなものまで、やけどの深さでも種々の程度がある。やけどは瞬間的に発生することが多いので、最低限の応急処置を覚えておいたほうがよい。

やけど直後には露出部位でも、着衣の上からでも第一に水で冷やすことである。これが数秒おくれても、やけどの程度は拡大することがある。

救急車を呼ぶよりも、病院へかつぎこむよりもまず第一に水をかけ続け、十分くらい冷やすこと。その後で衣類を脱がせるか切りとる。

次の処置は(皮膚全体が焼けてしまった第三度という深いやけどを除けば)、やけどの直後から24時間くらいまでの間に水疱ができるが、これを化膿させないことが大切。

これらはいずれも抗生物質を用いた軟膏で、やけどの細菌感染を抑える力がある。これで消毒がかなり充分と思えばそのまま数日間包帯をしたままおいてもよい。一度はガーゼと皮膚がくっついて困ることもあるが、やけどが治って正常な皮膚があらわれてくると然にはがれるようになる。

やけどが化膿した時には水疱を破って膿をふきとった上に、テラコートリルを厚く塗るとよい。これは強い局所抗生物質と炎症抑止剤である成分が入っている。

湯たんぽや電気あんかでやけどをすると、その中心部は白くなって周囲が赤くなる。いわゆる低温やけどで、湯たんぽや電気あんかは温度は低いが肌にふれている時間が長いので深いやけどになることがある。

これは皮下組織まで受傷したもので、うまく処置はできない。皮膚科か外科に行くべきである。

やけどの家庭的処置はあくまでも小さな範囲のものに限定されるべきである。なお、大根おろしやみそは感染防止上、絶対にやめてほしい。皮下組織卦で冒されたやけどは、治ったあとでケロイドを起こすことがある。ケロイドは皮膚が隆起してくる状態で、これを防止するためには、「アトピー」の項で述べたフルコートクリームでODT療法を行なうとよい。しかし激しいケロイドには毎日1回とりかえるのが望ましい。

ほくろとガン

悪性のほくろを見分ける4つのポイント

皮膚の変化は目で観ることができるので、気をつけていれば悪い病気も早期発見で助かる。誰にでもあるほくろは、色素細胞母斑と呼ばれて心配することはないが悪性化することもあるのでよく観察しておくこと。

皮膚にできる腫瘍で最もたちの悪い、早期に転移を起こすのは、悪性黒色腫(メラノーマ)である。
早く発見して切り取らないと、再起不能となる。メラノーマ早期発見のために次の項目について観察の目を養っていただき、該当する皮疹があれば皮膚科で診て写っこと。

  1. 皮膚のどこかに黒褐色の皮疹が新しくできてきた。あるいは以前よりあったほくろが最近になって急に大きくなってきた。特に足底を、それから手掌、爪を気をつけて見る(成長の早い黒褐色の皮疹)。
  2. この黒褐色の皮疹は形が不規則で、突出」湾入、凹凸不整がある(形状の不規則性)。
  3. よく観ると漆黒の部分と褐色の部分がまじっている。濃淡不同の皮疹である(色調の不規則性)
  4. 皮疹と健康な皮膚との境界が、はっきりしているところと境界のはっきりしないぼやけているところがある(境界の不規則性)。

肌に出るガン症状

にきび

充分な睡眠、胃腸の健康維持も大切

「にきびは青春のシンボル」というが、まさしくそうで、思春期になって皮脂分泌が盛んに淵なり、皮脂組成の異常を起こしたり、毛孔内の常在菌が増殖して角化が起こって皮脂の出口である毛孔が閉塞されて、にきびとなる。

顔面、特に額、頬、頤に好発し、また胸背部にもみられる。

にきびも、炎症がひどいと化膿して膿疱となる。軽症のときは、角質溶解、殺菌、皮脂分泌の抑制などの作用を持つ硫黄剤の配合されている局方晶のイオウカンフルローションが多用されている。
市販品としては、硫黄と殺菌剤レゾルシン配合のにきび治療剤【第2類医薬品】クレアラシル ニキビ治療薬クリーム レギュラータイプなどが使われる。

塩酸ミノサイクリの抗生物質を用いたミノマイシンローションなどが膿疱状態の時に使用される。しかしこれらの薬は医師の指示の下に使用する。

症状によってはミノマイシンを内服する。一般の注意事項としては、洗顔をして表面のほこりや細菌を洗い落とし、清潔を保つことは大切である。

洗顔には刺激の少ない石けんを用いる。化粧品はなるべく使用しないほうがよい。化粧品中の香料による刺激、化粧品の細粉類は毛孔からの皮脂分泌をさらに閉塞し、症状を悪化.させる。特に油脂性化粧品は使わないほうがよいようだ。

胃腸障害には注意し、便秘は避け、食事では脂肪、香辛料はひかえるようにする。睡眠にも充分注意すべきである。

じんましん

ストレスからくるじんましんもある

じんま疹はある日突然起こるが、大部分のものは初期の治療で数日で治ってしまう。7 じんま疹の原因はたくさん考えられている。
ある特定の食物を食べると、必ずじんま疹が出るということもある。この場合はその食べ物に対してアレルギー性であるという。

一般にさば、いか、こはだのような魚を食べすぎたり、てんぶらを食べすぎたりしたような時に起こることが多く、一過性の消化障害ではないかと考えられている。

湿疹は表皮に起こるが、じんま疹は真皮でむくみが起き、赤く盛りあがる。湿疹のようにブツプツは出ないが、とても揮い。1ヶ月過ぎてもじんま疹が治らない場合が慢性じんま疹である。

こうなると原因を調べて、根本的な対策が必要となってくる。原因は胃炎などの消化器障害、虫歯、慢性扁桃炎、慢性虫垂炎などの化膿性変化がもととなる病巣感染、感冒薬、頭痛薬などの薬疹というような原因のほか、精神的な負担によっても起こるとされている。

また寒さ、温熱によってもじんま疹が起こる人がいる。治療には一過性のじんま疹で、便秘の続いている際には、胃腸の掃除のために軽い下剤をかけるとよい。深量はじんま疹にも便秘にもよい。

次に、じんま疹の時に発生するヒスタミンを抑えるための抗ヒスタミン剤を内服する。日水などがある。抗ヒスタミン剤は眠くなるという副作用がある。じんま疹は原因をさがさないと根本的な治療はできないが、ヒスタミンの発生を抑えるヒスタグロビンの注射を、少し長期間注射するうちに長年のじんま疹が治ってしまうものもある。

しもやけ

患部を温めてから薬を擦り込むと効果的

幼・小児では冬になると手、足などが赤紫色に腫れることがある。成人では主に女性に同じような症状を呈する。

暖かいところや寝床では痒みがひどくなる。寒冷などのために血液循環が悪くなって、手や足、耳たぶのようなところに血液が停滞してしまうためである。

また全身的に寒冷にさらされても局所的に起こるのがしもやけで、重症の時には長期間局所に血液が停滞するため、局所の栄養障害を起こして、組織の壊死を起こすため傷跡が残ることがある。

しもやけは体質的なものがあって、これを変えることはできないが、進行を防ぐには、皮膚を強化することが大切で、乾布摩擦のようなマッサージを繰り返すとよい。しもやけは軽いうちに処置すれば治療効果もあがる。

しもやけの外用薬としては、皮膚の末棉血管を拡張して血流をよくするビタミンE含有のサンクロン軟膏がもっとも多く用いられる。患部を温浴してからすり込むといっそう効果的である。

また内服薬としては、末棉血管の拡張剤で循環障害に用いるイノシトールニコチネートの含まれているユベラックスがいい。

おむつかぶれ

おむつかぶれにはスキンケアで対応する

乳幼児のいわゆるおむつかぶれというのは、おむつを当てている部位に一致して赤くなり、その中に小さい白っぽいぼつぼつがたくさんできる。

はじめは肛門に近いところからできてきて拡大する。おむつかぶれの原因にはいろいろあって一定しないが、一昔前にはアンモニア説があげられた。
つまり尿、大便によって生じたアンモニアの刺激でかぶれると考えられたが、アンモニア貼布試験の結果はこの説に否定的である。おむつの物理的な摩擦による炎症も想定されているが、これだけでは充分な説明は困難である。

一時有名になった皮膚カンジダ症も要因の1つと考えられるが、スキンケアが上手に行なわれる場合にはそれだけで治ってくるのでカンジダ説もあやしいものである。スキンケアの要領は次の点に配慮する。

  1. なるべくおむつを当てないでおく
  2. 使い捨て紙おむつを使う
  3. シャワー、入浴、石鹸で常におむつ部を清潔にしておく
  4. 外用剤としては、はじめは副腎皮質ホルモンを含まない刺激の少ない軟膏類を塗る

あるいはパウダー類を散布するとよい。コザカイ・Pなどがよい。1日に数回塗擦あるいは散布する。もちろん局所をシャワーなどで清潔にした後で処置する。

スキンケアを続けるにもかかわらず治らない場合は皮膚科で診察してもらうこと。乳幼児の皮膚はデリケートにできていて、皮膚病に一般に使用されている軟膏、液、クリーム等でかえって悪くすることがあるので注意する。

うおのめ、いぼ

刺激の受けやすいところにできる

うおのめは表皮の角層が厚くなって、次第に皮膚深く入ってしまうものであって、角層はくさび状に侵入するので、靴をはいたりするとちょうど小石を挟んで靴をはくように痛くなる。

うおのめは皮膚の下に骨が浅くふれるところに、あるいは靴の長期間繰り返しあたるようなところに発生する。それゆえ、靴をはく習慣がある間は発生するので、足の小指などが靴にあたらないように工夫しなければならない。うおのめが痛くて靴がはけない時にはとりあえず、絆創膏 を貼っておき、2~3日してからかみそりで少しずつ削ると早く痛みがとれる。ぼは身体のどこにでもできるが、ことに手の指、甲、ひざ、足の裏など刺激を受けやすいところに多くできる。

うおのめとの区別は、上から皮膚に対して水平に少しずつ削ると、その中に黒い点々が見えてくるようであればいぼである。

いぼはウィルス性のものである。治療にはイボコロリがよい。この液体をガラス棒で患部に塗ると自然に軟化し剥離する。いぼを軟化させて削りとる方法としてはビニール膏があるが、1~2回でうまくとれてしまう時と、何回処理してもとれないことがある。

いぼが多発して局所療法がうまくいかない時は、はとむぎの実を煎じて毎日飲むと治ることがある。
発酵はとむぎ「スーパーゴールド」の口コミ、使用感、効能・効果一覧

いぼが急激に増加したらきちんと受診しましょう。いぼが数ヶ月で全身に広がり、かゆみも伴う場合は、消化器系のガンの疑いが強い

いんきん、たむし

一緒にされやすい「いんきん」と「たむし」の違い

いんきん、たむしと一般的に呼ばれているものは次の3つに分けられる。その1つは湿疹である。主として男性の場合は陰嚢、女性の場合は大陰唇であるが、ほとんどが男性で、いんきんと呼ばれている。

その症状は軽度に赤くなって皮がむけ痔くなるのが特徴である。

2つ目はカンジダ症といって、陰嚢あるいは大陰唇から股のほうにかけて赤くなり、粟粒大の丘疹がぼつぼつでき梓くなる。

カンジダとは一種のカビ(真菌)である。

三番目はたむしといわれている頑癬(がんせん)で、陰嚢や陰唇には関係なく、大腿部から股のつけ根にかけて、境界が比較的明瞭で、その縁は少し高くなっている。

色は赤く、皮がむけ、ぽつぽつと丘疹が散在している。

このように陰部から大腿部にかけては3つの病気が主なものであるが、治療薬はそれぞれ違うものを塗らなければならない。

一番目の湿疹であれば、はじめは亜鉛華軟膏オイラックス潤乳液などをつけてみる。これで治らなければ副腎皮質ホルモンの入っている軟膏などをつけるとたいていの湿疹によく効く。

2番目のカンジダ症にはイミグゾール系抗真菌剤がよく利用されるが、カンジダに優れた抗菌作用のあるピマシリンの入った薬も効果的である。

第3の頑癖は白癖菌が付着したものであるから、水虫の薬を使用すればいい。1一日2~3回患部に塗布する。これらいんきん、たむしの類は、昔から石けんを使わないといわれていたが、これはむしろ誤りで、普通の浴用石けんを用いてさしつかえない。入浴、シャワーを励行し、皮膚を清潔にしておくことが大切である。不潔、多汗は頑癖の誘因となる。痔いからといってタオルでこすったり、爪を立てて洗ったりすると、必ず悪化する。通気性のよい下着の着用も心がける。

膣カンジダ再発の薬

アトピー性皮膚炎

小児のうちに治しておく

アトピー性皮膚炎は、非常に増えてきた子供の皮膚病です。「子供の皮膚病の半分くらいはアトピー性皮膚炎である」ともいわれているくらいである。
これには体質的な遺伝があって、その血族にはじんま疹、喘息、アレルギー性鼻炎のようないわゆるアレルギー性の病気がある人が多い。

症状は一般に赤ん坊の時、小児、成人と少しずつ変わってくるのも特徴の1つである。

赤ん坊の時の湿疹は乳児湿疹ともいって、顔から頭が赤くなってくる。それに黄色っぽいかかさぶたがついたり、赤いぽつぽつした丘疹が加わってかなり汚ない感じがする。

このような症状は生後2~3ヶ月から半年くらいまで続くことが多いが、この時期のものは放っておいても自然に治ることが多い。治療は、湿疹といえば副腎皮質ホルモン剤といわれるほど、近年はよく使用されるようになったが、黄色っぼいかさぶたなどにはあまり効かない。
かさぶたを取るには亜鉛華軟膏をガーゼなどの布に伸ばして貼っておき、翌日オリーブ油で軽くふきとる。これを数日行うと取れてくる。

かさぶたが取れたら副腎皮質ホルモン剤でよい。非ステロイド系抗炎症剤の入っている軟膏などがよく効く。

症状によっては皮膚の炎症を抑制する力の強いデキサメタゾンが入った副腎皮質ホルモン剤である軟膏を1日数回局所に塗布すると、たいていのものは1週間くらいでよくなる。

これでも効かない時はリンデロンを使う。このほうがもう少し強力である。アトピー性皮膚炎が小児になってできると、少し違う症状をみせるようになる。つまり2~3歳頃から始まる症状で、主に身体が乾燥して鳥肌になり、非常にかゆがる。鳥肌様の皮膚は赤くなることもあるが、一般にはただざらざらしているだけで痒い。

ひどい場合は患者はもちろん、母親までが睡眠不足になってしまうことがあり、子供は成人してからも神経質になって困ることが多い。経過は、一般的に冬に悪化して、夏には軽快するが、この逆のこともある。

またこの病気の8割は学齢期頃には治ってしまうが、ここで治らないと、思春期頃には成人型のものに移行する。治療は、一見大した変化がないのに痔がるので、かゆみ止めとして抗ヒスタミンを含有し、さらに炎症抑制効果のあるハイドロコーチゾンが入った薬がかなり有効である。

これでも効果がない時は副腎皮質ホルモンであるベトネベートは相当に痔みを抑えることができる。また寝る前にやはり抗ヒスタミン剤であるレスタミンコーワ錠を飲むとぐっすり眠れるので引っかいたりすることがなくなる。

アトピー性皮膚炎の屈側型

この症状は関節の内側、頚、背中、顔などに苔癬性変化、つまり皮膚の溝が大きくなる症状がでてくるのが特徴である。肌理が荒くなるわけである。全身の皮膚がざらざらしているようなこともあるが、今述べたような変化がこの病気の一番の特徴で、かなり痔がる。

症状が軽い場合は興和新薬 新レスタミン軟膏 30gでも間に合うが、思春期以後に起こってくることの多いこのタイプでは、やはり副腎皮質ホルモンの入った外用薬でなければ効かないことがしばしばである。

といっても、副腎皮質ホルモン剤ならどれでもよいというわけではない。症状の軽いものは作用の弱いものを塗るべきである。というのはこれらの副腎皮質ホルモン剤は長いこと塗らなければならない時には、時として副作用を起こすことがあるからである。

薬の効果を生かし、吸収を早めるODT療法(密封療法)

単純に塗布を繰り返しても治らない時はODT療法を行うとよい。ODT療法というのは、副腎皮質ホルモン剤を塗った上を空気が入らないようにしてしまう方法である。

そして薬剤の有効成分が表皮を通過しやすくする。したがって、1時間や2時間でやめてしまうわけにはいかない。この方法を行ったほうがよいと考えられる病気の部たいせん分は、皮膚が硬かったり、音痴化といって、皮膚の溝が深く明瞭に見えるような所である。方法は副腎皮質ホルモン剤のうち、主にクリーム状の薬を使用するのがよく、これを患部に少し厚く、白く見えるほどに塗って、それをサランラップのようなプラスチックフィルムを貼り、周囲を秤創膏などで留め、空気が入らないようにしてしまう。

なるべく皮膚と密着したほうがより効果があるので、密封した上から包帯を巻いてやるとさらに治りが早くなる。ODT療法用につくられたもの専用のテープもあるこれは副腎皮質ホルモンであるフルドロキシコルナドを含有している密封療法用のテープである。このテープは皮膚と密着するのでホルモンとしての作用は弱いのに、よく効く。また指とか手のようにODTがしにくい部位でもよくできるので便利である。

アトピー性皮膚炎の飲み薬

この病気は痒みが強いので、とにかく痒みを止める方法を考えなければならない。それには抗ヒスタミン剤の内服がよいが、抗ヒスタミン剤は痒み止めであると同時に眠くなるという副作用がある。

これがこの薬のよい副作用でもある。赤ん坊や幼児には、甘味のあるシロップがある。少し大きくなって粉薬が飲めるようになったら、レスタミンコーワ 糖衣錠 120錠が作用が強いので便利である。この薬は小児科では食欲増進剤としても使われている。

アトピー性皮庸炎の人の入浴、食事、下着

昔から湿疹ができた時は入浴は禁止されたものだが、現在はその逆で、入浴して皮膚を清潔にしておくことが大切とされている。また、石けんは刺激があるとされてきたが充分に洗えば刺激作用は起こらない。石けんで湿疹が悪化するというのは、入浴中に爪で引っかいたりタオルでごしごし擦るからである。また、下着類は必ず木綿製晶を用いる。

アトピー性皮膚炎は一般に皮膚が乾燥しているので、あまり洗浄力の強い石けんは望ましくない。ひと頃は湿疹石けんともいわれたが使われた時代があったが、この石けんの成分のラウリル硫酸ナトリウムは、多少、人によっては刺激性があるので、普通の浴用石けんを静かに使うのがいいだろう。

また弱酸性石けんであるミノン石けんを用いてもよい。いずれにしても、石けんを使う時は、タオルなどで皮膚をごしごし擦るのは厳禁である。

アトピー性皮膚炎の治療に厳重な食事療法が有効であったとする報告がテレビや週刊誌で報道されている。ダニ、家塵、牛乳、肉、卵白などが抗原となって起こるアレルギー反応による皮膚炎がアトピー性皮膚炎であるとする説である。

確かに特異IgE抗体が牛乳や卵白で陽性になっている患者は多い。しかし生まれながらにしてアレルギー体質をもつケースでは普通の食品さえ、取り入れてはいけないことになってしまう。

現在のところ、この食品とアトピー性皮膚炎の関係については明確な解答は得られていない。1ヶ月食事療法を行なって無効ということになれば、それ以上の食事療法は、栄養学的なバランスを考慮すると中止したほうがよいと思われる。

アトピー肌用スキンケア3点セット美肌精油ジェルを実際に使ってみた使用感