β遮断薬 降圧剤

体を緊張状態に導く交感神経の興奮を抑えて心臓の収縮力を弱め、心拍数を減少させて血圧を低下させます。主に心不全や頻脈、狭心症など心臓の治療薬として使われています。

成分名
  • アテノール
  • ビソプロロール
  • ピンドロール
  • ナドロール
  • ベタキソロール
  • メタプロロール
  • プロブラノロール
薬品名
  • テノーミン
  • メインテート
  • カルビスケン
  • ナディック
  • ロプレソール
  • セロケン
  • セレクトール
  • アセタノール
  • ミケラン
  • インデラル

β遮断薬はどんな薬

交感神経が興奮すると、アドレナリンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が分泌され、これが心筋にあるβ受容体という場所に結合して心臓の拍動が激しくなり、血圧が上がります。

β遮断薬は、β受容体を遮断して、交感神経刺激が心筋に伝わるのを阻止します。血圧降下薬としての使用頻度は高くありませんが、心不全、狭心症など、心臓に不安のある高血圧の人の治療に用いられます。

注意点

遮断薬は、急に服用を中止すると、狭心症の悪化や急激な高血圧発作を生じることがあります。そこで、服用を中止するときは、1〜2週間かけて徐々に薬の量を減らしていく必要があります。

決して自己判断で中断せずに、必ず医師に相談してください。副作用として、徐脈(心拍数が異常に減少すること)、動悸、めまい、頭痛、体のふらつきや倦怠感などが起こることがあります。

こんなときは医師・薬剤師に相談

β受容体は心筋だけでなく、気管支にも存在します。β受容体が遮断されると、気管支が収縮して気管支喘息の発作を誘発する可能性があるため、息巻支嘱息の持病がある人にはβ遮断薬を使用してはいけないことになっています。

徐脈がひどい人や重度の心不全の人、妊婦などにも使用できません。その他、慎重に投与しなければいけないケースもあるので、主治医とよく相談しましょう。

高血圧に戻る

α遮断薬 降圧剤

血管にあるα受容体を遮断して、交感神経の刺激が末梢神経に伝わるのを抑制し、血管を広げて血圧を下げる薬です。早朝高血圧や排尿障害のある人にも処方されます。

成分名
  • ドキサゾシンン
  • ウラピジル
  • プラジシン
  • テラジシン
  • ブナジシン
薬品名
  • カルデナリン
  • エブランチル
  • ミニプレス
  • バソメット
  • ハイトラシン
  • デタントール

α遮断薬はどんな薬

交感神経系の伝達物質であるノルアドレナリンは、血管のα受容体という場所に結合して血管を収縮させます。その結合を遮断して血管を拡張させて血圧を下げるのが、α薬です。

α遮断薬には、血糖値の上昇を抑える作用や、インスリンの分泌を促進する作用、血中のコレステロールを減少させる作用もあるので、高血圧と一緒に、糖尿病や脂質異常症を発症している人にも適しています。

注意点

α遮断薬には、服用し始めに強い血圧低下反応が見られる特徴があります。そのため、急に立ち上がったときなどに血圧の調節がうまくいかず、血圧が急低下してめまいや立ちくらみ、ふらつき、動悸などが起こることがあります(起立性低血圧)。
こうした症状はほとんどの場合、しばらく経つと自然に消えていき、再発することはまれですが、最初のうちは気をつけてください。

こんなときは医師・薬剤師に相談

α遮断薬は、服用開始時に効果が強く出るため、初回は少量から開始して、様子を見ながら徐々に薬の量を増やしていきます。

高齢者は、薬の影響が強く出る場合があります。利尿剤や他の種類の降圧剤を服用している人は、薬の作用が増強されることがあるので、特に注意が必要です。指示された用法・容量をきちんと守り、気になる症状が現れたら、医師か薬剤師に相談しましょう。

高血圧に戻る

ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)降圧剤

ARBには、血管を収縮させて血圧を上昇させるアンジオテンシンⅡという生理活性物質の働きを抑える作用があります。末梢血管を広げて血圧を低下させます。

成分名
  • ロサルタン
  • カンデサルタン
  • バルサルタン
  • オルメサルタンン
  • アジルサルタン
  • テルミサルタン
  • イルベサルタン
薬品名
  • ニューロタン
  • ブロプレス
  • ディオパン
  • オルメテック
  • アジルバ
  • ミカルディス
  • アバプロ
  • イルベタン

ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)ってどんな薬

アンジオテンシンⅡには、血管を収縮する作用や、血液量を増やす作用があり、これらの作用が血圧を上げます。

アンジオテンシンⅡは、細胞の受容体という場所に結合して働きますが、ARBは、アンジオテンシンⅡの代わりに受容体に結合し、その働きを妨げます。

その結果、抹消血管が広がり、血圧が下がります。腎臓や心臓の保護作用もあり、糖尿病性腎症の予防にも用いられます。

注意点

降圧作用が強く出て血圧が下がり過ぎると、めまいやふらつきが起こることがあります。ARBの服用中は車の運転や機械操作など、危険な作業を行う際には十分注意してください。

また、ARBの副作用として、皮膚のかゆみや発疹、貧血、血小板の減少などが生じることがあります。腎機能や肝機能が低下している人には慎重な投与が必要なので、事前に主治医に相談しましょう。

高血圧に戻る

ACE(ACE阻害薬)降圧剤

ACEは、血圧を下げる物質であるアンジオテンシンンⅡが体内でつくられるのを阻害します。この作用によって血管を広げ、腎臓からのナトリウムの排出を促して血圧を下げます。

成分名
  • エナラプリル
  • ペリンドプリル
  • ミダプリル
  • テモカプリル
  • リシノプリル
  • カプトプリル
薬品名
  • レニベース
  • コバシル
  • タナトリル
  • エースコール
  • エースコール
  • ロンゲス
  • ゼストリル
  • カプトリル

ACE(ACE阻害薬)とは

血圧を上げる生理活性物質であるアンジオテンシンⅡは、体内でアンジオテンシン変換酵素の作用を受けて作られます。ACEは、この酵素の働きを妨げて、アンジオテンシンⅡの産生を阻害し、血圧を下げます。ACEは血圧を下げる他、心不全や腎障害の治療にも有効であることが確認されています。

また、副作用のからせき空咳を利用して、高齢者の囁下障害に用いることもあります。

注意点

ACEを服用する人の20~30%程度に、コホコホとした空咳、(たんがからまない咳)が現れます。これは、薬が作用する過程で、体内にブラジキニンという物質が増えるためです。

空咳がつらい場合や声がれが続く場合は、別の薬への変更も考えられるので、医師か薬剤師に相談しましょう。また、ACEは塩分過多の状態では効果が弱いとされているので、塩分摂取を控えることも大切です。

こんなときは医師・薬剤師に相談

慢性心不全の人がACEを初めて服用すると、最初は急激な血圧低下を起こすことがあるので、血圧が安定するまで注意が必要です。

ACEには、重大な副作用として、血管性浮腫が現れることがあります。呼吸器に血管性浮腫が生じると、物が飲み込みにくい、息苦しいといった症状が現れます。症状がみられたら、すぐ医師に相談してください。

高血圧に戻る

Ca拮抗薬(カルシウム拮抗薬)降圧剤

血管を拡張して、血液の流れをよくすることによって血圧を下げる薬です。降圧剤として最も広く用いられる薬で、高血圧の治療のほか、狭心症の改善にも使われます。

成分名
  • ニフェジピン
  • アムロジピン
  • シルニジピン
  • ジルチアゼム
  • ニルバジピンン
  • エホニジピン
薬品名
  • アダラート
  • セミパット
  • アムロジン
  • ノルバスク
  • アテレック
  • コニール
  • カルブロック
  • ベルジピン
  • ヘルベッサー
  • ニバジール
  • ランデル
  • カルスロット

Ca拮抗薬(カルシウム拮抗薬)とは

血管の収縮・弛媛には、血管平滑筋(血管壁内の筋肉)へのカルシウムイオンという物質の流入が大きく関わっています。血管の筋肉にこの物質が流入すると、血管が収縮し、血圧が上昇します。Ca(カルシウム)括抗薬は、血管平滑筋へのカルシウムイオンの流入をブロックして血管を拡張させ、血圧を低下させます。
血管が拡張すると血流もよくなり、脳や心臓、腎臓の保護にもプラスに働きます。

注意点

Ca拮抗薬と、グレープフルーツなど柑橘系の果物を一緒にとらないでください。薬の作用が増強するため、血圧が下がり過ぎて、めまいやふらつきなどの症状が起こることがあります。

むくみ、頭痛、動悸、顔のほてり、便秘などの副作用が現れることもあるので注意しましょう。Ca括抗薬は、主に肝臓で代謝されるので、肝機能が低下している人は、見直しが必要かもしれません。

こんなときは、医師・薬剤師に相談

Ca括抗薬の服用を中止すると、狭心症の悪化や血圧の上昇などを引き起こす可能性があるので、自己判断で勝手に薬を中断してはいけません。
Ca括抗薬の重大な副作用として、劇症肝炎や肝機能障害、黄痘、血小板や白血球の減少などが報告されています。体のだるさや食欲不振、むくみ、白目が黄色くなるなどの肝機能低下の症状が現れたら、医師か薬剤師に相談しましょう。

高血圧に戻る

高血圧

働きざかりの年代からは定期的な血圧測定が必須

日本人が悩む代表的疾患の1つが高血圧。高血圧の薬とのつき合いも長くなりがちで、その分「本当に自分に合っているのかな?」という疑問がわくことも。
ここでは、それぞれの高血圧薬の特徴と注意点を解説。
高血圧症は、原因の明らかな症候性高血圧と原因不明の本態性高血圧症の2つに分けられているが、高血圧症の大半は、本態性高血圧症である。

この調査では高血圧症患者と正常血圧者の自覚症状(頭痛、めまい、耳鳴り、肩コリ、手足のシビレ)について有意差を認めていない。したがって、自覚症状でもって高血圧を早期発見することはできない。

そこで、高血圧の早期発見には、血圧を測定することである。特に活動的、積極的に仕事に精出す中年以上の方には、定期的血圧測定が必要である。専門医に指導を受ければ、自分で血圧を測るのもさしてむずかしいことではない。.テルモ、オムロンそのほかから自動血圧計が市販されている。

コレステロールの多い食品

100グラム中/mg

  1. あひるの卵
  2. 卵黄
  3. 全卵
  4. うずら卵
  5. すじこ
  6. たらこ
  7. ねりうに
  8. 数の子
  9. 鶏もつ
  10. 豚レバー
  11. 牛レバー
  12. マヨネーズ
  13. カステラ
  14. バームクーヘン
  15. ブルーチーズ
  16. うなぎ
  17. いか
  18. 伊勢エビ
  19. 桜エビ
  20. ししゃも
  21. 小女子(佃煮)

高血圧を予防する5つのポイント

1日8グラム以下に減塩する

本態性高血圧の原因が不明であることから確実な予防法はないが、食塩の摂取量と血圧の相関関係についてはよく知られている。1日の食塩摂取量が20グラムの成人では、平均収縮期血圧(最高血圧)は約150mmHGを示すが、調味料として食塩を用いることを知らないインディアンの血圧は100mmHGくらいの平均収縮期血圧である。

食塩の1日必要量は1グラムとされているので、現在の私たちの食塩摂取量は必要量の3倍ということになる(1人1日食塩摂取量12.9グラム。

高血圧を予防するため、また高血圧の治療としてもこの摂取量をできる限り少なくしたい。1日8グラム以下に制限するのはそれほど困難なことではないが、治療のためには1日5グラム以下で効果の出てくることが多い。

みそ汁のみその量を3分の1に減らす、たくあん、梅干などを3分の1に減らす、調味料として減塩しょうゆ、減塩みそを使うなどが実行しやすい方法であろう。

ストレスをためない

精神的緊張、過労、不安などが長い間続き慢性化すると、動脈の血管壁は肥厚して血液の流れは悪くなる。一定の血流を確保するために血圧は高くなるので、血管壁はますます肥厚することになり悪循環を繰り返す。

ストレス対策としては、平凡だが快食、快眠、快便ということに尽きるだろう。ストレスの解消あるいはこれを回避することは、自分自身の問題として処理できる場合もあるが、職場単位あるいは地域単位で取り組むことが必要となることもある。

肥満に注意

標準体重に比較して20以上のの体重増加を「肥満」と呼んでいるが、肥満している人には高血圧の頻度が高い。体重を減らすと血圧は下がることが多い。したがって肥満しないことが高血圧の予防となり、肥満して高血圧症の人は、減量することがまず第一に始めなくてはならない治療法である。

運動不足

運動不足で血圧が上昇することもある。全身の運動を数十分間続け、汗を流し、呼吸が頻回となり、心臓の樽動が激しくなると血圧は上昇するが、この血圧上昇は蒜的な現象で、その後に血圧下降が続き、全体としてみると、運動は血圧を下げる効果がある。特に肥満して血圧の高い人には、運動療法を続けることをすすめる。

日常生活上の節制

睡眠、栄養のバランス、仕事、運動、休養などに充分な配慮を必要とする。日常生活の乱れは高血圧だけでなく消化器疾患、精神、神経疾患とも関係が深い。

酒を飲んで酔っている時には、一般的にはアルコールの血管拡張作用でもって血圧は下がっているが、その後に血圧上昇が持続するので、全体としては酒は血圧を上昇させる。

ただし、酒の作用は量の問題がからんでくるので、酒が血圧に悪いとばかりはいえない。適量(個人差あり)の酒は、精神的緊張を取り除いてくれるし、善玉コレステロールのHDLコレステロールを増加させる作用を持っている。

身体に入ったアルコールは肝臓で代謝され、その処理能力は体重1kgについて1時間に100mgとされて.いる。しかし、1日量としてアルコール換算で30g以下であるならば、酒の害はないと考えられる。

タバコと喉頭ガン、肺ガン、心筋誓などとの関係はよく研究されているが、タバコと血圧の関係についての研究は少ない。常習的喫煙者と高血圧の間には直接的な相関関係は見出されていない。しかし、タバコは心臓の血管並びに脳血管には明らかに悪い影響を与えるので、高血圧症の人はタバコを喫わないように努力することである。
禁煙ならこちら

降圧剤を常用しなければならない人の血圧の目安とは

本態性高血圧の初期では血圧は不安定で、薬を服用すべきかどうか、医者でも迷うことがある。重症高血圧(収縮期血圧200mmHG以上、拡張期血圧115mmHG以上)の人には前述の予防法の実行と同時に薬の服用もすすめる。

軽症高血圧(や中等度高血圧人では前述の予防法の効果のない場合で拡張期血圧が100mmHG以上を示す人は、やはり薬の服用を考慮する。拡張期血圧が100mmHG以下の人でも、

  1. 家族歴に脳出血、脳梗塞、心筋梗塞が認められる。
  2. 高脂血症がある。
  3. 臓肥大、左室肥大がある。
  4. 年齢が50歳以上である。

などの条件を備えている人は、服薬を開始するのがよいと思われる。

血圧の薬(降圧剤を服用し始めた場合、原則的に生涯続けなければならない。途中で薬の服用を勝手に中止すると、危険な場合が多い。主治医の指示により中止する場合でも医師の管理のもとで経過の観察を続けてゆくことになる。

血圧の薬はその作用機序に従って大別すると、利尿剤、神経系に作用する降圧剤、血管拡張剤の3種類に分かれる。本態性高血圧に有効な薬は、医師の処方を必要とする医療用医薬品がほとんどである。
薬局で自由に買える般薬では漢方製剤がある。血圧を下げる漢方薬はこちら

血圧を下げるのは降圧剤ばかりでなく、生活習慣、食習慣が大きく影響する。薬を使わずに血圧を下げるには詳細情報が紹介されている。

代表的な降圧剤

高血圧を放置すると、血管が硬くもろくなる動脈硬化の進行が加速し、さらなる高血圧を招くとともに、脳出血や脳硬塞、狭心症や心筋梗塞、腎不全など命に関わる病気を発症する危険性が増大します。早めに治療を開始し、高血圧薬などで継続的にコントロールすることが重要です。

高血圧の治療薬は、血管を収縮させる物質の働きを抑える薬、利尿剤、血圧を上昇させる交感神経の働きを抑える薬に大別される。
出された薬をきちんと飲むと同時に、薬だけに頼らず、減塩や運動を心がけるなど、生活習慣の改善も重要になる。血圧は、市販の血圧計を使い、自分で簡単に測定できる。
きちんと血圧コントロールができているかを把握するためにも、定期的に測定する。自宅で血圧を測定するときは毎日同じ時問に、同じ姿勢、同じ場所で測ることが大切。

血圧測定は座って行い、腕などの測定部位が心臓と同じ高さになるようにする。起床後に加え、自分が決めた時間帯にと、1日2回くらい測定するとよい。
加齢とともに動脈硬化が進む傾向があるので、高血圧の薬を飲んでいても、血圧が上がってくる人も多い。今飲んでいる薬では血圧をうまくコントロールできなくなってきたと感じたら、血圧記録を持参して主治医に相談する。
また、高血圧の薬を服用中に、便秘や下痢などの胃腸の症状や、頭痛、めまい、ふらつきなどが現れた場合は、薬の見直しが必要になることもあるので、主治医か薬剤師に相談する。

薬なしで血圧を下げたい

体に合えば民間療法でも血圧を下げ安定させることも可能。生活習慣を改善することとむやみに怒ったりしないことも大切。