睡眠剤

睡眠が不足すると脳組織中に有害物質が増える

人が生きていくのに、睡眠ほど大切なものはない。快い睡眠が1日の疲労を癒し、明日への活力源となることはいうまでもない。眠れない夜が続くと、仕事のミスが続出する。

夜の眠りが不充分な場合、昼の緊張の持続も悪くなり、気が散って集中できないためである。断眠実験の報告はいろいろあるが、約四昼夜となっている。

つまり人間はここまでが限界で、これ以上眠らずにいれば精神錯乱をひき起こす。人が睡眠をとらねばならない理由として、睡眠が不足すると、脳組織中に有害な物質が増えるからであるといわれている。睡眠中に成長ホルモンが分泌されることもわかってきた。
入眠3時間後に成長ホルモンの分泌がピークになる

睡眠は、自然と眠りにつくのがよい。快適な睡眠を得るには、身体のリズムと生活をあわせ、ストレスをうまく解消し、することが勧められている。だが、どうしても眠れないときは、的松葉杖の力を借りて、急場をしのぐのも一法である。

快眠関連サイト

症状別

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です