皮膚の老化

皮膚をいつまでも若く保つための三大条件

皮膚は常に外界にさらされていて物理的、化学的な外来刺激を受け続けている。皮膚の老化に影響を与える因子としては、

  1. 遺伝的支配によるもの
  2. 全身的な疾患などの内因的要素
  3. 外因的要素である栄養、環境、精神的ストレス

などが指摘されている。
皮膚の老化を止めることはできないが、老化を促進しないように心がけることが、肌の若さを保つ秘訣になる。次の3つを心がけていただきたい。

  1. 直射日光を避ける
  2. 皮膚老化の最大の敵は直射日光に1% の割合で含まれている紫外線である。この紫外線の線量も、フロンガスそのほかの影響で紫外線を吸収する役割を持つオゾン層が破壊されて増加の傾向にあるといわれている。

    地球環境を守るためにも私たちはオゾン層の破壊防止に協力しなければならない。海水浴に行って直射日光に曝されると、数時間後には皮膚が赤くなって日焼けが始まる。数日後には赤くなった紅斑はだんだんと消えて褐色の色素沈着に置き換わってくる。

    同時に皮膚の角質層も厚くなる。紫外線の傷害を少なくするための防御反応が起きたわけである。このような紫外線の傷害を繰返し受けている顔、腕、手背、頚部ではそばかすやしみができてくる。

    われわれ日本人では皮膚のメラニン色素が多いのでそれ程問題にされていないけれども、紫外線に曝され続けると遺伝子がたたかれて皮膚癌の発生することもある。
    直射日光は極力避けるように心掛けよう。紫外線を遮断するために顔や腕などに塗るサンケア用品が市販されている。自分の肌にあった化粧もかなり効果がある。

  3. 皮脂膜を大切にしよう
  4. 皮膚は脂質と汗(水分)とが混合して乳化した状態の皮脂膜で被覆されている。皮脂膜は、皮膚の最外層の角質層を保護してその剥脱を防ぎながら、皮下組織より拡散してきた水分の蒸発を抑え、角質層に柔軟性を与えてひび、あかぎれにならないように予防をしている。
    大切な皮脂膜であるけれども時間の経過とともに、ほこり、細菌による汚染が進む。更には皮脂膜の脂質成分も空気中の酸素や日光によって過酸化脂質へと変性する。

    この過酸化脂質が皮膚の細胞の老化あるいはメラニン色素の形成に関与しているといわれているので、ほこり、細菌とともに早く取除く必要がある。洗顔、入浴、石鹸、洗顔クリームが必要となる。石けん類は脂性肌用(男性に多い)と乾性肌用に分けられている。

    皮膚が乾燥してかさかさになる冬場にはひびやあかぎれができてくる。保湿効果のある尿素を含むウレパール、ヒルドイド軟膏がある。最近は、保湿効果の高い物質(ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、レシチン、スクワラン)を含む外用剤も市販されている
    粉末コラーゲンの口コミ、使用感、効能・効果一覧

  5. 日常生活での常識的な健康法を守る
  6. 睡眠、食事、運動並びに節酒、禁煙、精神的ストレスを避けるなど、健康的な日常生活を続けることが大切。日常生活で無理なことを続けると顔や肌が荒れてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です